■ 法人さま向け施工例

工場排水を改善
 
トイレのリホーム
11 osuishori.jpg   05 toirekaishuu.jpg

→ 詳しくはこちら

 

→ 詳しくはこちら

  

工場排水を改善

 

色々試したが、工場排水の水質が基準値を超えてしまう。このままでは営業停止になるかもしれないので、何とかなりませんか?

なります、一緒にがんばりましょう!弊社基準値内の水になるまで、全力でお手伝いします。
STEP1

【責任者選定】

決裁権限のある方(社長さんがベスト)を、排水対策の責任者に選んでください

STEP2

【水質日報作成】

専任の水質管理者を選定し、水質日報を作成してください

STEP3

【現状把握】

排水施設の排水処理能力と、現在の排水量を比較。

また、流入BODと流出BOD値の設計値と、現在の値を比較

   ※ BOD・・・生物化学的酸素要求量

STEP4

【トライ&エラーを繰り返す】

機器類の故障及び性能を確認。

改善されるまで、予算と相談しながら修理・取替などを実施

STEP5

【最終手段】

それでも、水質に改善が見られない場合は、新たな施設の増設など大規模工事を実施

STEP6

【完了】

水質改善、完了。

引き続き、水質日報を付け、日々の水質を把握してください

 

排水処理施設の能力に対して、排水量が設計値内であること  

流入BODと流出BODが、設計値内 であること

機器類の故障・性能低下の有無

 

 排水処理 劣化機器の修理、改善
01 1210-004-.jpg     02 1210.jpg

→バッ気槽 散気管、取替前

   

→バッ気槽 散気管、取替後

03 ponnputorihazusi.jpg     04 ponnputorituke.jpg

→汚泥ポンプ、取替前

   

→汚泥ポンプ、取替後

07 PACyouekitannku.jpg     08 PACyouekitannku-.jpg

→PAC溶液タンク、清掃前

   

→PAC溶液タンク、清掃後

05 1208-01-.jpg     06 1208-18.jpg

→沈殿槽 塗装やり直し前

   

→沈殿槽 塗装やり直し(ライニング)後

 新規取付機器
08 1208-29-.jpg     07 1208-30-.jpg

→汚泥脱水機取付 (前方から撮影)

   

→汚泥脱水機取付 (後方から撮影)

11 dennjisikisekisanntaisekikei.jpg     12 pakkuyakuekitannku.jpg

→電磁式積算体積計取付

   

→PAC注入機取付

 

頭では分かっているけれど

商品が売れて、発注が増加 ⇒ ラインを増設 ⇒ 利益増 

 と、ここまでは上々。しかし・・・

排水増加 ⇒ 排水処理追い付かず⇒ 基準値外で排水 ⇒ 改善命令書着

 となると、ガックリ来ます。

 「排水処理施設を建てた会社は、もう無くなったし・・・」

 「前に結構いい値段で、点検を委託していたが、特に改善されなかったし・・・」 

と、思考がストップしていませんか。

弊社は、結果が出るまで親身に、おつきあいします。

現在担当させて頂いているのは、食品会社2社です。

1社は、社長さんのモチベーションの高さから管理体制が根付き、STEP6の水質が安定した状況です。先日、汚泥の肥料登録試験を受けて合格しました。

もう1社は、施設の増設も視野に入れつつ、STEP4のトライ&エラー中です。

 

トイレのリホーム

決算前、利益が出ているので社員のために何かしたいのですが?

トイレの改修は、いかがですか。従業員さまのモチベーションアップにもつながったと好評です。
 リホーム前、リホーム後

  02 CIMG4860-.jpg  04 CIMG5211-.jpg

  01 CIMG9048-.jpg  03 CIMG0305-.jpg

ワンランク上のリラックスタイムに

トイレのリホーム工事を「水道屋に頼む」か、「リホーム屋に頼む」か、迷われる方がおられるようです。

・ 給水や排水 → 水道屋

・ 壁紙 → 内装屋(リホーム屋)さん

・ 床板の張替や、床タイル → 大工さん

・ バリアフリー設計 → 設計士さん

と、1社だけでは出来ない大工事です。

みんなで協力して工事をするので、どちらに頼んでも、金額も工事内容も、そう変わりはないと思います。

トイレは一人平均で1日に7回ほど使うそうです。                      

されどトイレ、意外と気分が変わりますよ。
▲このページのトップに戻る

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 0564−52−8189

受付時間:8:00〜17:00(平日、第1・3土曜日)

担当:センバ

→ お問合せフォームはこちらへ
→ 修理・お見積りのご予約フォームはこちらへ